ムダ毛処理はカミソリひとすじ!肌を傷めず綺麗に剃るコツ

ムダ毛処理を始めたのは小学校6年生からでカミソリで剃る方法でおこなっていました。アラサーになった今でもカミソリひとすじですが、綺麗に剃るコツを覚えてからは、よくいわれている「カミソリで剃ると肌が黒ずむ」とか「角質が剥がれてボロボロになる」といったトラブルもなく、脱毛サロン(ワキの脱毛)に行かなくてもカミソリ1本で十分満足できています。

カミソリでのムダ毛処理も最初の頃は、お風呂場でボディーソープを付けてから足や腕、ワキなどの毛をササッと剃るという大雑把なやり方をしてたので、当然肌を傷めてしまって処理後は肌が赤くなってしまうし、乾燥肌で粉が吹いたようなボロボロ肌になってしまいました。そこで、カミソリでのムダ毛処理の正しい方法やちょっとしたコツなどを調べて実行したところ、それからは肌トラブルに悩まされることもなく綺麗にムダ毛処理できるようになったので、その方法をちょっと紹介したいと思います。

私は腕とふくらはぎ、ワキの毛をカミソリで剃っています。まず、剃りたい箇所をウェットティッシュで拭いて清潔にします。そうすることで菌が入り込むのを防いでくれます。その後、蒸しタオルで肌を温めるのがコツです。肌が冷たい状態だと毛や皮膚が硬くなってしまい肌を傷つけやすくなってしまうので、ムダ毛処理前の温めは大切です。
1枚刃のカミソリを使って毛の流れに沿って処理することで肌を傷めることなく綺麗に剃ることができます。

剃ったあとは冷やして炎症をしずめてあげるとより肌に優しい処理ができます。
私が1番気をつけているのは、ギザギザの刃で剃ったら肌が傷んでしまうので1回使用したカミソリは使わないで新しいものを使うようにしてます。
ちょっとした手間で肌荒れ知らずの綺麗な仕上がりになるので、これからもリーズナブルで簡単なカミソリでのムダ毛処理を続けようと思います。

Tags:

Comments are closed.