福島県民としてはあまり気にしていません

福島市に住み始めたのは、2013年1月からでした。
当時、東日本大震災から2年弱しか経過しておらず、原発からも直線距離60kmの場所であり、いくらか放射線の影響を受けていたと思います。

とはいえ、水道水の線量を測定することは出来なかったので(特に線量計を購入するつもりもなかったですし)「なんとなくそのまま飲むのは不安かな~」という程度の認識でした。

とりあえずはじめの半年間くらいは、口に入る水は極力ミネラルウォーターを利用していました。
宅配水 ランキングを見て水の宅配を注文していたこともあります。
お茶などの飲料用だけでなく、味噌汁やラーメンなどの料理にも、念のため使っていました。

けれど、ニュースでもだんだん福島の野菜や米の安全性が確認されてきたことを目にするようになり、水も大丈夫なのではないかと思うようになりました。
また、いちいちミネラルウォーターを購入することも面倒になってきたのも理由のひとつでした。今となっては、殆ど気にせず水道水を飲料水としています。

ただ、東京などでは水道水がカルキ臭くてマズいのでそういう意味ではミネラルウォーターが必要ですが。

私の在住している地域の水は味に関しては特に問題がないので申し分ないと思っています。

今後、「水が汚染されて危険だ」と言われない限りこのままでいいと考えています。

Comments are closed.